Toppageへ
瞑眩(めんけん)反応

  有機ゲルマニウムに全く副作用や毒素がないことは、各機関の調査によって証明ずみです。
 ただ、ゲルマニウム療法を続けていると、湿疹、発疹、患部の痛み、発熱、下痢などの反応が出ることがあります。
 これは瞑眩反応といい、漢方医学に昔からあるもので快方に向かう前兆の好転反応です。
 ですから瞑眩反応が出れば、治癒の始まりであり、むしろ喜ぶべきです。
 瞑眩反応は、放置しておけば自然におさまりますので心配はいりません。


以下引用(新潟のみずおち整体さんのページから)

 メンケンは、漢字で「瞑眩」と書きます。本来ならメイゲンと発音すべきでしょうが、
 東洋医学の慣習から特にメンケンと読みます。
 「瞑」は瞑想の瞑で、目をつぶるという意味を持っています。「眩」は眩惑の眩あるいは目が眩む(くらむ)の
 眩で、判断力が無くなるという意味を持っています。
 つまり、「瞑眩」反応は、文字だけの意味では目かくしされたように判断のつかない反応である、
 ということができます。
 しかも、大変やっかいなことに、この反応は事前に全く予期することができないものなのです。
 しかしながら、この反応は大別すると次の種類に分けられます。

1.排泄反応
 体の解毒作用の表れで、体内の老廃物毒素、疲労素を分解排泄するとき出る反応です。汗、尿、便、
 皮膚に反応が表れます。
 (症状:吹き出物・発疹・皮膚の変化・目やに・尿の色の変化)
2.回復反応
 今まで血行の悪かった所が改善され、うっ血していた汚れた血液が一時的に回り始める時に表れます。
 血液が浄化され、血行が良くなるにつれ調子が良くなります。
 (症状:発熱・痛み・吐き気・腹痛・だるい)
3.弛緩反応
 今まで病的状態でいたある臓器が、本来の機能を回復し始めると他の臓器は、その病的状態にあわせて
 活動していたので、一時的に各器官同士のアンバランス状態がおきます。少し経つと安定してきます。
 (症状:だるい・眠い・倦怠感)
4.過敏反応
 急性の症状が慢性となって、慢性の状態で安定しているとき、病気に対して強力な援助が加わると、慢性
 の前の急性状態に一時的にもどります。また、数ヶ所が調子悪いとき、胃、腸、肝臓と3つとも調子が悪いとき
 は一番悪いところに反応が出始めて、一番目のものが改善されると次に悪いところが体に感じてくる・・・と
 いうふうに、順序よく出てきます。(特にリウマチ、神経痛、通風など) 
 時間をかけて根気よくする必要があります。
 (症状:便秘・下痢・痛み・腫れ・発汗)

 ※@メンケン反応は、個人差があり、一年の四季の移り変わりに多分に影響されます。
   Aメンケン反応と思われる症状が特にひどく表れたり、長時間にわたる場合には、専門家に
   指導を受けてください。